障害年金とは?

病気やけがによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることができる年金です。

障害年金には「障害基礎年金」「障害厚生年金」があり、病気やけがで初めて医師、または歯科医師の診療を受けたときに「国民年金」に加入した場合は「障害基礎年金」、厚生年金に加入していた場合は「障害厚生年金」が請求できます。

なお、障害厚生年金に該当する状態よりも軽い障害が残ったときは、障害手当金(一時金)を受け取ることができる制度があります。

コラム一覧

  1. 精神の障害に係る更新時の留意点
  2. 高次脳機能障害について
  3. リカバリーの集い
  4. WRAP(元気回復行動プラン)
  5. 自立について
  6. 障害年金の受給の煩雑さ
お知らせ一覧
PAGE TOP